内祝いにカタログギフトを選んで大丈夫?メリットやデメリットを解説!


カタログギフトを内祝いに贈るメリットについて

結婚や出産祝い、新築や快気祝いなど、お祝いをもらったときのお返しに、内祝いのギフトを何にしようかと考えることもあるでしょう。なかなか贈り物の商品が決まらない場合、カタログギフトを贈ることを検討することもあるかもしれません。しかし、本当にカタログギフトにして大丈夫かどうか心配になることもありますよね。

カタログギフトを内祝いに贈る際は、後悔しないようにメリットやデメリットを把握しておくことが大切です。結婚式には多人数に内祝いのギフトを贈る機会もあるでしょう。そんなときに、自分たちが選んだ商品を贈っても、全ての人に好みが合うとは限りません。貰う相手は趣味趣向が合わなくて、使えずに困ることだってあるのです。その点、内祝いをカタログギフトにすると、様々な種類の商品の中から相手の好みのもの、必要なギフトを選べるというメリットがあります。相手にとって不必要なものを贈ることなく、ミスマッチを防げます。

カタログギフトを内祝いに贈るデメリット

カタログギフトに掲載されている商品は、スイーツや食材、コスメ用品やバッグなど、色んな種類のアイテムがあります。しかしながら、人によってはカタログ商品の中にこれといって欲しいものが見つからないケースがあり、その点がデメリットのひとつになります。結局カタログギフトの商品を申し込まなかった、という人もいるくらいです。価格帯が低ければ、選べる商品の数は少ない場合もありますし、商品の品質がよくないケースもあるので、興味をそそる商品が見つかりにくいかも知れません。カタログギフトを贈るときは、3000円以上の価格帯のものを選ぶと、ギフトの数も増えるので選びやすくなります。

内祝いとは家族のおめでたい出来事のお祝いに親しい人へ贈り物をすることを意味します。現代では「お祝いを頂いたお返し」の意味で使われることもありますが、「内輪の喜びのお裾分け」が本来の使われ方になります。