インテリアにこだわるならアンティーク家具を検討しよう!


生産数が少ないハンドメイド品は高値で売買が行われる

海外で生産された家具の中でも、腕利きの職人がハンドメイドで製作したものは流通数が少なく、愛好家の間で高額取引が行われています。特に、コレクションとして飾るだけでなく、日常生活の中でも使えるテーブルやチェア、ソファーなどのアンティーク家具は、年齢や屋性別に関係なく人気があります。そうした中、ハンドメイドや材質、デザインなどにこだわってアンティーク家具を購入したい時は、様々な種類の家具に精通したスタッフが揃っているインテリアショップを探すのがおすすめです。店舗によっては、希少性の高いハンドメイドのアンティーク家具を展示販売したり、経験豊かな販売員が人気の家具の紹介をしたりしているところもあります。そこで、アンティーク家具に少しでも関心があれば、積極的に品ぞろえやスタッフの対応に定評がある店舗へ足を運んでみましょう。

初めて本格的な家具を選ぶ時は耐久性も重視しよう

アンティーク家具を長く使い続けるには、日頃から正しいお手入れをするのはもちろん、購入時に家具に使われている主な材質に注目をすることも大切です。例えば、経年劣化が進みにくい木材を使用した小型のアンティーク家具は、家具の扱いに慣れていない人でも安心して使用することが可能です。また、初めて本格的なアンティーク家具を選ぶうえで、家具の専門のサイトを参考にしたり、実店舗で販売員に質問をしたりして、興味がある家具の平均的な耐用年数についても調べておきましょう。なお、家具の亀裂など大きなダメージは素人が対応できないケースも多いため、すぐに購入先に問い合わせをして、適切な方法を教えてもらいましょう。

アンティーク家具を選ぶときには、傷や汚れなどの確認をしておく必要があります。目視で直接確認することで、品質をチェックすることができます。