目に見えないファッション、香水が持つ効果とは?


香水がもたらす2つの効果

香水には、たくさんの素晴らしい効果があります。その中から、香水が与える2つの効果を紹介します。

香水は、目に見えませんが、人の心を動かす力があります。これは、科学的に証明されていることで、目で見る視覚よりも、香りという嗅覚の方が早く脳に伝わるからです。たとえば、「レモン」の香りを嗅いだとき、その香りから清潔感を想像するでしょう。あるいは、レモンを紅茶に入れたときの酸っぱい感覚がすぐによみがえるかもしれません。これは、嗅覚が脳の情動をつかさどる部分に直接働きかけるからです。いい香りのする人とすれ違うと、振り返りたくなるでしょう。人に好印象を与える香りは、自身の印象をアップし、自分に対し自信が持てるようになります。

香水には、癒し効果を高めてくれるものもあります。例として、副交感神経を優位にするアロマオイルのリラックス効果が挙げられます。これは、医学的にも証明されているもので、たとえば忙しいときや、リラックスしたい夜に、自分が心地よいと感じる香りを嗅ぐと、呼吸が深まって脳がリラックスし、自律神経が整って気持ちがゆったりします。また、緊張したときに香水を嗅ぐと、集中力を高まるとも言われています。お気に入りのアロマオイルを使って、手作りの香水や練り香水を作ることもできますから、手作りの香りで、いつでもどこでもリラックス効果を味わいたいですね。

香水を付けるメリット

マリリン・モンローが「寝るときはシャネルNO.5だけ」と語ったのは有名。好きな香りは、心に安らぎを与え、お守りのように自分を守ってくれるかもしれません。

ニコチンリキッドはニコチンと水蒸気の出る成分と香料でできていて、味にはメンソールやフルーツ、タバコ本来の味などのたくさんの種類があります。つかの間の休息にその時の気分に合った味を楽しむことができます。