贈って正解?もらうと嬉しい?カタログギフトの本音

カタログギフトのメリット

贈り物って本当に難しい。贈るなら“消え物”が良いって聞くけれど、食べ物って好みがあるし、ソープや入浴剤は一見華やかだけどなかなか使い切れない。コーヒー・紅茶はこだわりがあるかもしれないし、ハンカチやタオルはありきたり…。考え出したらきりがない贈り物。そんな時に強い味方になるのが「カタログギフト」ですよね。贈る側は選ぶ手間が省けるし、もらった側は好きな物をチョイスできるしと良いこと尽くめに思われます。たしかにその通りでメリットがいっぱいです。贈った相手に選ぶ楽しさまでプレゼントできて、不必要なものを贈る心配もないですし、価格帯も広く細かく設定されているので心理的にも経済的にも負担が少ない点もメリットといえます。

カタログギフトのデメリット

贈る側からするとメリットがたくさんあるカタログギフトですが、もらった側には少々負担がかかるのを見落としてはいけません。まず挙げられるのは、“欲しい物がない”場合。カタログギフトには有効期限があり、多くの場合期限を過ぎると注文できなくなってしまいます。でも欲しい物がないと、なかなか選べないものです。「まぁいいか」と適当なものを選ぶか、そのまま存在を忘れてしまうか…という悲しい結末もないわけではなさそう。また、注文するという手間も地味に負担に感じます。贈る側の相手を想う気持ちとは裏腹に、その想いがあまり感じられないのも、カタログギフトの難しさかもしれません。

贈り物=“相手を想う気持ち”であることを忘れずに

贈り物の醍醐味は、そこに至るまでの贈る側の気持ちが伝わることです。カタログギフトでも「相手を想う気持ち」が伝わるようなラインナップの一冊を選べるといいですね。

老若男女、あらゆる人に満足してもらえるプレゼントや記念品を贈りたい場合には、カタログギフトが最適の選択です。一定の金額を設定すれば、その範囲でいろんな製品や食品の中からお好みのものを選んでもらえます。